綺麗に作ること

良い名刺かどうかの判断は、人それぞれです。ただ、いくつか共通の条件があります。一つは、見やすいものであることです。どんなに良い素材で作ったものであっても、パッと見た時にすっきりとまとまっていると感じられないものは、あまり良い名刺とは言えません。ですから、あまり情報を取りすぎないように注意することも必要ですし、文字の大きさや余白とのバランス、フォントの選び方などにも気を付けなければなりません。あまりたくさんのフォントを使ってしまうと、うるさく感じられますのでオススメできません。たくさんフォントを入れるよりは、フォントではなく文字の太さや大きさで調整してアピールする方が、まとまりを失わせにくいといったメリットがあります。

また、用紙選びもこだわってみましょう。高級感を出したい時やカラー印刷をする場合などは、コート紙を使ってみてはいかがでしょうか。コート紙は光沢があるのが特徴です。画像なども、綺麗に印刷することができます。また、落ち着いた雰囲気を持ちつつ上品な仕上がりになるマットコート紙もオススメです。こちらのタイプの良いところは、簡単に書き込むことができることです。メリットデメリットを比較しながら選んでみてください。